大滝詠一さんの名盤復刻 「バイブル」「未発表音源楽しみ!」とファン歓喜 「『ロンバケ』とは呼ばない」との指摘も

 「週一回は『A LONG VACATION』『EACH TIME』は車で聞いています」と、今も聴き続けているというコメントも見られる。

 発売20周年、30周年の際にも記念版が発売されたことから、今回の発表を予想していた人もいたようで、「遂に来ましたね」「ついに発売予告が…」「20周年盤 30周年盤もコレクションしているが ついに40周年盤とは早いなぁと感じると同時にそれだけ長く愛されるアルバムなのだなぁと実感」などの反応もあった。

 レコードやカセットも含まれるVOXセットの内容については、「全媒体復刻ってすごくないですか」「カセットでも出るのが凄い」など、収録媒体の多さに驚く声のほか、「未発表音源が楽しみ!」「ボーナスとして入る予定の未発表(?)音源の方に凄く興味が有ります」と、4枚組CDのうち、『Road to A LONG VACATION』と題したCDへの収録が予告されている「大滝詠一お得意のDJスタイルによる貴重音源満載の『A LONG VACATION』誕生秘話」に注目が集まっている。

 7年前の年末に急死のニュースが流れた時のことを思い出したユーザーも見受けられ、「大瀧さんが亡くなられた直後、タワレコに買い物の用事あって出かけたら、『恋するカレン』が大音量で流れ始めて、しばらく立ち尽くしてしまいました。間奏の部分で涙が」「出張先からの帰路の車中、ラジオで大瀧詠一さん訃報のニュースを聞いて、思わず絶句してしまった。今でも年末になると、思い出してしまいます」など、その時受けた衝撃の大きさは今も鮮明に記憶に残っているようだ。「大滝詠一セレクトのプレイリストとか聴いてみたかった。大滝さんの音楽への愛と造詣は海より深いので、きっと埋もれた名曲や忘れられた素晴らしい曲をたくさんわたしたちに届けてくれたはず…」とその早すぎる死を惜しむ投稿も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ