NHK朝ドラ「エール」、藤堂先生と裕一が戦地で再会!響き渡る美声にネット「うっとり」「泣けてきちゃう」「プロみたいやないかw」

 裕一が戦地に入り、さらに物語に暗いムードが漂うなかで描かれた藤堂の歌唱シーンに多くの視聴者が歓喜。SNSには「藤堂先生が歌ってる」「藤堂先生、カッコイイ」「藤堂先生に会えた~。藤堂先生(森山直太朗)が歌ってくれた。戦場で夢を与えたね」「藤堂先生の『ビルマ派遣軍の歌』格好良かったですッ♪勇気づけられますね」など、歓喜のコメントが集まった。また、森山が本業を見せつけたこの場面に「藤堂先生のいい声が聴けてよかった」「朝から藤堂先生の歌…幸せだぁ」とうっとりする視聴者も多く、「紅白出場歌手の藤堂先生が歌う。なんて豪華なドラマ」というつぶやきも見られた。

 藤堂の美声に興奮してしまい、「藤堂先生歌うますぎプロみたいやないかw」「直太r…いや、藤堂先生!さすがです」「藤堂先生 完全に直太朗」とボケるドラマファンもチラホラ。一方、今後の展開を想像すると、思いは複雑というネットユーザーも少なくなく、ツイッターには「藤堂先生歌上手だな~泣けてきちゃうよ」「朝から藤堂先生の歌が聞けるなんてすごい贅沢なはずなのに…辛い本当に今週は辛い…!」「藤堂先生の歌声、この先の展開を考えると辛いけど、戦地に響いて良かったね……」といった書き込みも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ