「鬼滅の刃」1日42回上映に「マジ伝説」と驚愕 苦境慮り「映画館も必死」とのフォローも

 同館以外にも観客動員が多く見込める通常の大作よりもさらに多いスクリーン数で上映する劇場は多く、「うちの近所でも19回という異常事態」「最寄りのシネコンも、6シアター使ってて驚いた」「うちの田舎でも公開初日に1日16本もやるらしい」などの報告があがっている。「どこもフル稼働させるんだ、こんなアニメ映画今まであっただろうか?」「『君の名は。』でもそんなことはなかった記憶が」と、前代未聞の上映スケジュールが多くの人を愕然とさせている。

 あまりの上映回数の多さに「TOHOシネマズ新宿だけで40回(以上)だと新宿全体で3桁行きそう」「うまく組み合わせたら、1日最高何回観られるんすかね」「鬼滅の映画でオールできるね」などと想像する人も。

 「さすがにこれは多すぎじゃない?」との否定的な見方もあるが、「多くない。ありがたい。人いっぱいかもしれなくていくの躊躇してたし」「混み合うし、分散された方がいいからありなんじゃないか」「これなら行列にならないし密も避けられそう」など、3密回避には有効との好意的な受け止めが多い印象。

 ただ、公開初日の16日から18日の3日間、観客に対し念入りな感染防止対策を呼びかけたうえで、席配置のソーシャルディスタンスを解除して全席解放することについては、「観客同士を開けずにやるんだろ? めちゃくちゃクラスター発生しそう」「衛生面とか大丈夫なんかな」などと危惧するコメントも見受けられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ