筒美京平さんとの“最強コンビ”松本隆さん「もらったものはありったけの愛」 ファン「感謝しかありません」「お二人の作品は愛」

 作詞家の松本隆さん(71)が13日、自身のツイッターを更新し、今月7日に作曲家の筒美京平さん(享年80)が亡くなっていたことを悼んだ。

 「作詞:松本隆 作曲:筒美京平」というクレジットで、数々の名曲を作り上げてきた2人。キャッチ-な筒美さんのメロディーに、抒情的で色あせない松本さんの歌詞をのせた楽曲は、時代を超えて多くの人々に愛され続けている。1970~80年代にかけて、この“最強コンビ”で日本の歌謡界を席巻し、「木綿のハンカチーフ」(太田裕美)、「スニーカーぶる~す」(近藤真彦)、「卒業」(斉藤由貴)、「Romanticが止まらない」(C-C-B)、「ツイてるねノッてるね」(中山美穂)など、数えきれないほどの名曲を世に送り届けてきた。

 筒美さんの訃報を受け、松本さんはこの日、「神戸のラジオ局でマイクに向かってると、『京平先生が亡くなった、、、』と太田裕美からメールが入った。瞬間、涙の洪水になりそうな心を抑えて、平常心を保ちながらラジオを終わらせた。取り乱さなくて偉いでしょ、褒めてよと天国の京平さんに呟く」とツイート。さらに「作詞家になった瞬間、目の前に筒美京平は立っていて、先輩と後輩であり、兄と弟であり、ピッチャーとキャッチャーであり、そして別れなければならない日が来ると、右半身と左半身に裂かれるようだ」と続けた。

 松本さんのツイートは3回に分けて投稿され、最後は「ぼくが京平さんからもらったものはありったけの愛。彼ほどぼくの言葉を愛してくれた人はいない。ありがとう、京平さん。いつかぼくも音符の船に乗り、天の園に舞い上がる日が来る。少しの間、待ってて。そうしたら笑顔で、喜んだり怒られたり哀しんだり楽しく語り合おうね」と悼んだ。

 松本さんの言葉に多くのファンが反応。返信欄には「筒美京平さんの訃報を聞き、真っ先に浮かんだのは松本先生のお顔でした。(中略)お二人が作られた楽曲はずっと宝物です」「リアルタイムで味わうコトが出来る時代に生きられて幸せでした」「素晴らしい作品たちに感謝しかありません」「お二人の作品は愛。永遠です」などの書き込みが寄せられた。

 松本さんは8月25日深夜に放送された「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系、関東ローカル)に出演。とんねるずの石橋貴明に対して筒美さんとの制作秘話を明かし、仕事の進め方などを絶賛していた。

 それだけにこの悲報を残念がるネットユーザーは多く、「たき火前の対談での筒美氏逸話聞いたばっかりの矢先…」「石橋、薪を焚べるで松本隆さんが筒美さんとの事を語っていたばかり 悲しすぎる」といったつぶやきも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ