NHK「エール」裕一の目の前で藤堂先生が戦死…衝撃展開にネット「朝から重すぎ」「涙が止まらない」「本当に朝ドラ?」

 戦争映画を思わせるような生々しい描写。ほぼ無音で描かれたこの壮絶なシーンは視聴者に衝撃を与え、同日、ツイッターで「エール」「藤堂先生」が13日に続きトレンド入り。「語る言葉がありません」「朝から重すぎる」「朝から涙が止まらない……」「悲し過ぎる…これが戦争」「戦争編で且つOPが無いから嫌な予感がしたけど…藤堂先生…」など、悲嘆に暮れる視聴者の声がSNS上に広がった。

 1話を回顧し「藤堂先生が亡くなるのは1話の時点でわかっていた でも、戦争で亡くなるとは思ってなかった…朝からツラいな…」「1話で藤堂先生のお墓が映っていたから、覚悟はしていたけど辛すぎる…」というつぶやきも散見。この日の放送に「こんな最期は朝ドラ初では」「これほど悲惨に戦争描写する朝ドラあるんや…」「本当に朝ドラ……?と思うくらい重たい」と驚く人も多かった。

 衝撃的な内容に涙を流したという視聴者も目立った。ツイッターには「朝から泣いてしまった」「朝から号泣。うそうそうそうそって裕一の声が切なすぎた」「朝から辛い…仕事休みたい…」「1番つらい回でした 涙が止まりません」といった書き込みもズラリ。また、目の前で恩師を失った裕一の今後を心配する視聴者も少なくなく、「これからゆういちはどう変わってしまうんだろう 見ていくのが怖い」「恩師の最期に立ち会う事になってしまった裕一さんの絶望感は計り知れない」などのツイートも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ