佐藤二朗の「マイワイフ」エピに「一番ダメなやつ」とツッコミの一方、「こんな旦那さんがいい」との羨望も

 個性派俳優の佐藤二朗(51)が15日、自身のツイッターで自宅で妻の機嫌を損ねたエピソードを披露した。そのコミカルな内容に「一番ダメなやつ」「余計なこと言いがち」などとツッコミが殺到する一方で、「ほっこり」「良いなぁ」などと癒されるフォロワーが続出。投稿文にあった「マイワイフ」が検索トレンドで上位にランクインするほどの注目を集めている。

 佐藤は、日本テレビ系のドラマ「今日から俺は!!」や映画「銀魂」シリーズの福田雄一監督作品に欠かせない俳優として知られる名バイプレイヤー。最近ではフジテレビ系のクイズ番組「超逆境クイズ 99人の壁」でMCを務めるなど、活躍の場を広げている。2012年からツイッターを開設、独特の言葉遣いと投稿内容のユルさ、コミカルな自虐ぶりが人気となり、185万を超えるフォロワーを抱えるアカウントになっている。

 同日午前10時1分、そのツイッターにこんな一文がアップされ、フォロワーが一斉に反応した。「147cm。マイワイフの身長。息子が生まれる前は、よく抱っこして遊んだ(注・嫌がる妻を僕が説得して)。昨夜息子が寝たあと久々に妻を抱っこ。鉛のように重(以下自粛)。腕が息子の重さに慣れたからだ。そう言ったが妻プンプン。プンスカプン。だから沢山チューした。全部断られた。さようなら」。

 リプ欄には「あー、わかる。ムードとかデリカシーのないチューや」「機嫌損ねてからのチューとか一番ダメなやーつ」「うちも、似たようなこと主人にされ言われプンスカしました」「アタシもされたら、ヤダな」など、機嫌を損ねた妻に共感する女性からのコメントが相次いだ。中には「妻(私)162cm。私の旦那さん、家飲みで酔っぱらい、私を勢いよくお姫様抱っこ、そのまま倒れこんで足をひねり骨折した経験あり」と、笑えないほど生々しすぎる体験談も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ