大河ドラマ「麒麟がくる」で芦田愛菜と望月歩が“夫婦役”!? ネットは先走り「想像しただけで泣ける」「普通に1本ドラマが見たい」

 また、この日は芦田以外の新キャストも発表され、将軍奉公衆の細川藤孝(眞島秀和)の嫡男で、たまと結婚する忠興役を俳優の望月歩が演じることも発表された。望月は、「アンナチュラル」(2018年、TBS系)や「真夏の少年~19452020」(20年、テレビ朝日系)などの連ドラに出演し、存在感を示してきた若手の注目株。ネットには、このキャスティングと絡めた投稿や、早くも2人が夫婦となる姿を想像する書き込みも相次いだ。

 ツイッターには「若き細川夫妻ー!!!ぎゃー!!!」「想像しただけで泣ける」「キャスティング神か…?」「安心と信頼のキャスト」などのコメントがズラリ。この布陣に「望月歩くんの細川忠興、めちゃくちゃ配役として正解。芦田愛菜ちゃんのガラシャと望月歩くんの細川忠興で大河一本できるだろ」「まなちゃんのガラシャと望月歩くんの忠興で普通に1本ドラマが見たいですよ」というリクエストも届いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ