「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑

 愛し合い、理解し合って一緒になったはずなのに、結婚してから明らかになる意外な事実。それは借金であることもあれば、出自や犯罪歴なんてこともあるかもしれない。そして宗教観も--。

 信仰の自由は憲法で保障されているが、夫婦でその感覚が異なると、すれ違いも多くなるものだ。とある芸能人夫婦の間にも、宗教を巡る“違和感”が存在し続けていたという。

 《今日はいつもと違う内容になります。ずっと悩まされてきた事について書きます》

 俳優の大浦龍宇一(51才)の妻でシンガーソングライターのゆりえ(30才)が、自身のブログに心情を吐露したのは10月13日のことだった(現在は削除済み)。

 大浦はドラマ、『この世の果て』(1994年・フジテレビ系)『失楽園』(1997年・日本テレビ系)のほか、多くのドラマに出演する名バイプレーヤーだ。父が元俳優の高田由紀夫、叔母が女優の高田美和という芸能一家に生まれ育っている。その大浦の再婚相手がゆりえ。元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の長女で、2019年3月に結婚したときには“22才差婚”が大きな話題となり、夫婦揃ってバラエティー番組に出演したこともあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ