U字工事が自虐ネタで笑いにしたのに…やぼだった栃木県知事

【芸能ニュース舞台裏】

 先週発表された都道府県魅力度ランキング。

 最下位に落ちた栃木県出身のお笑いコンビ、U字工事の益子卓郎(42)は、今週都内で行われた同県のPRイベントに「最下位で ごめんね ごめんね」とプリントした白いTシャツで登場し、自虐的に栃木のPRに努めた。

 「そこまではいいのですが、今週、福田富一県知事一行が、ランキングを発表したブランド総合研究所に、改善点の直談判に乗り込んだんです。あれはやぼですよ」と同県出身の情報番組ディレクターも苦笑い。さらに続ける。

 「前年まで最下位だった茨城県と入れ替わって最下位になり、話題になってメディアに取り上げられた。それで十分にPR効果があったと思わないと。名物や名所の番付表は江戸時代から人気でした。調査方法にケチをつけちゃいけない。改善点があるなら、最下位になる前から声を上げておけばいいわけです」

 来月、同県では県知事選がある。直談判が、県民の心配にどう影響するのか。(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ