「日本沈没」ドラマ化にネット民の期待高まる 「希望あるドラマを」「日曜の夜にやめて」など拒否反応も

 TBSが作家、小松左京氏の名作「日本沈没」を俳優、小栗旬の主演でドラマ化し来年10月に放送開始すると26日、サンケイスポーツなどが報じた。ネットでは豪華キャストや原作をリスペクトしたドラマ化に期待が集まると同時に、この時世に全国規模の自然災害とそれに伴うパニックを描いた作品をドラマ化することに対して、違和感を訴える声が噴出している。

 タイトルは「日本沈没-希望のひと-」、日曜午後9時の「日曜劇場」枠で放送する。小松氏が1973年に発表した原作は、過去にも映画やテレビドラマ、ネット配信のアニメなどで時代に応じたアレンジを加えつつ繰り返し映像化されている。今作では2023年の東京に舞台を移し、オリジナルキャラクターを配置。想定外の危機に立ち向かう人々の勇気や覚悟、葛藤などを描く。小栗は次世代を担う環境省官僚を熱演。松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之ら豪華キャストが集結し、国家存亡の危機に立ち向かう。

 ツイッターや、ネットニュースのコメント欄では、「来年がめちゃ楽しみでしかない」「私得すぎるメンツ……胸熱…」などと早くも期待が高まっている。小栗は22年スタートのNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも主演することから、「2022年には大河ドラマの主演ですし、撮影が2つ重なる時期もあると思いますが、体調に気をつけて無事に乗り切ってもらいたいですね」など気遣うファンの声も見られた。今回発表されたキャストの中で最も注目が集まっているのは香川照之で、「田所博士=香川照之の配役は推せる」「田所博士:香川照之と見て期待せざるを得なくなったw」など、73年の映画版で小林桂樹さんが演じた地球科学者の田所雄介博士役に決まったことを歓迎するコメントが目立つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ