FNS歌謡祭出演決定の佐藤二朗に“M谷K喜”氏がプレッシャーも…ファンは大喜び

 俳優の佐藤二朗が27日、自身のツイッターを更新し、「FNS歌謡祭」(フジテレビ系、12月9日放送)への出演が決まったことを受け、“ある大物”から連絡があったことを告白。その人物から相当なプレッシャーをかけられたことを明かし、「許すまじ」と恨み節をつづった。その投稿にファンからさまざまな反応が集まっている。

 「FNS歌謡祭」の第2夜に出演し、そこでCHAGE&ASKAの名曲「万里の河」をナオト・インティライミとコラボレーションすることが26日、同局から発表された佐藤。翌27日、佐藤はツイッターで「FNS歌謡祭での歌唱のニュースを受け、昨夜ある人物から電話があり」と切り出し、その人物から「自分の時はああであったこうであった、やれ失敗は許されない、やれ生涯で一番緊張した等々、嬉しそうに不安材料ばかりを聞かされた」などと報告した。そのうえで「当日はビビるどころか失禁しながら歌うことになるかもしれず」とつづり、最後は「ゆ、ゆ、許すまじ、M谷K喜」と書き込み、“大物の演出家”に対し恨みを募らせた。

 M谷氏といえば、かつてFNS歌謡祭に出演し、AKB48グループのメンバーと「Beginner」をコラボ。衝撃のパフォーマンスで視聴者の度肝を抜いた。

 そんなM氏からのプレッシャーにフォロワーは大喜び。リプ欄には「M谷氏の嬉しそうに話す顔と二朗氏の泣きそうな顔が目に浮かぶ」「当日まで、毎日電話がきそう(そんなことはないか(笑))」「M谷K喜氏の思考はやっぱりスゴい!!」「許せん人ですね~wwww」「二朗さん バレバレですよ すみませんwww爆笑しちゃいました」などのコメントがズラリ。一方、佐藤を励ます投稿も届き、「大丈夫落ち着いて 佐藤二郎は出来る男です!」「以前M谷K喜氏がFNS歌謡祭で歌った時のVTRを見れば“安心&勇気”になると思いますよ」「そのとてつもない緊張感も楽しみながら、歌えるといいですね」といった書き込みが見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ