SixTONESが映画主題歌歌う ファンは「ライアー×ライアーにピッタリ」「今までと違ったSixTONES見れそう!」と大喜び

 人気グループのSixTONES(ストーンズ)が、メンバーの松村北斗(25)と女優、森七菜(19)がダブル主演を務める「ライアー×ライアー」(耶雲哉治監督、来年2月19日公開)の主題歌「僕が僕じゃないみたいだ」を担当することが決定した。同作の公式サイトやツイッターなどで30日、予告編の解禁とともに発表された。

 同作は、森が演じる恋愛経験ゼロの地味系女子大生・高槻湊と、松村演じる義理の弟で同い年のクール系男子・透の予測不能なラブストーリー。デビュー1年目の今年、おおみそかのNHK紅白歌合戦初出場を決めたSixTONESはクールなパフォーマンスが魅力だが、今回が4枚目のシングルとなる主題歌ではアップテンポな曲調で物語の世界観を表現している。

 ファンはこのニュースを受けて「朝からHappyになりましたぁ」「SixTONESの勢いがすごすぎる!!!映画主題歌おめでとうございます」「誇張無しに今いちばん楽しみな映画です!!そんな映画の主題歌がSixTONESであること、本当に幸せだ」などと歓喜。朝からツイッタートレンドに「僕が僕じゃないみたいだ」「映画主題歌」などの関連ワードが躍るなど、ファンを中心にネットで盛り上がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ