映画「銀魂」入場者特典に「鬼滅」イラストカード ツッコミ殺到も「さすが銀魂」「空知らしい」の声

 実写映画化もされた人気アニメ「銀魂」のラストを飾る映画「銀魂 THE FINAL」(2021年1月8日公開)の入場者プレゼントが話題になっている。8日、公開第1週の入場者プレゼントとして、同作の原作者、空知英秋氏が描き下ろした人気アニメ「鬼滅の刃」の「炭治郎&柱イラストカード」が配布されることが発表されると、「空知先生」「銀魂の映画」「入場者特典」などのワードがツイッターのトレンドを席巻した。

 先日、入場者プレゼントとして数量限定で「歴代名エピソード&『銀魂 THE FINAL』フィルム風シール」全30種がランダムで配布されることが発表され、同時に週ごとに変わる入場者プレゼントを用意していることも告知。8日、第1週の入場者プレゼントが「炭治郎&柱イラストカード」であることが発表されると、「銀魂」らしいユニークなアイデアにネットが沸き、ツイッターには「さすが銀魂・空知先生だwww予想の斜め上に行き過ぎwww」「銀魂ぜったい鬼滅に手出してくると思ったらまさかの入場者特典にしてきたwww」「ほんま銀魂らしいというか空知らしいというかw」などの書き込みが相次いだ。

 「銀魂」は 天人と呼ばれる宇宙人が襲来して、価値観が変わってしまった江戸を舞台に、侍の魂を持つ主人公・坂田銀時の活躍を描くSF時代劇。バトルシーンも展開されるが、コメディー作品としても親しまれており、パロディーもふんだんに盛り込んできた。また「銀魂」「鬼滅の刃」ともに「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された作品のため、「銀魂」の作者である空知氏が「鬼滅の刃」のキャラクターを描き下ろした特典が配布されることも“銀魂らしさ”として違和感なく受け入れられている。

 ファンからは「なんで銀魂の映画で鬼滅のカード配んだよw」「銀魂の映画なのに入場者特典鬼滅で草」などと愛のあるツッコミが殺到し、面白がられているが「普通に欲しい 空知先生の描きおろしとか最高やん」「こ、これは一週目に見に行かなければ」「空知先生やばすぎる笑ものすごく詳細が気になる」といった声も少なくない。「普通は銀魂のイラストカードで良くね?って思うけど、空知先生なら何かおもろいことやってくれそうな期待感がある(笑)」と深読みするファンもおり、期待が寄せられている。

 また「鬼滅の刃」の作者の吾峠呼世晴氏は、「週刊少年ジャンプ」の巻末コメントのなかで、「銀魂」に影響を受けたことを明かしており「吾峠先生にとって空知先生は憧れだから普通に嬉しいのではないかと思う」といった書き込みも散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ