映画「護られなかった者たちへ」ビジュアル解禁 佐藤健の目力で瞬殺されるファン相次ぐ

 俳優の佐藤健が主演する映画「護られなかった者たちへ」のビジュアルが10日、公式サイトで解禁され、佐藤のファンら、映画の公開を心待ちにするネット民から歓喜の声があがった。

 同作は、「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家・中山七里氏の同名小説が原作。東日本大震災後の復興が進む仙台で起こった連続殺人事件をめぐり、生活保護制度の欠陥に迫る社会派ミステリーだ。容疑者として追われる主人公・利根役を佐藤、彼を追う刑事・笘篠役を阿部寛が演じるほか、清原果耶、吉岡秀隆、倍賞美津子、林遣都など、若手からベテランまで演技力に定評のある俳優陣が脇を固める。監督は「64-ロクヨン- 前編/後編」を手がけた瀬々敬久氏。当初、2020年冬に公開が予定されていたが、同日、21年秋への公開延期も明らかにされた。

 公開されたビジュアルは、佐藤と阿部の劇中の表情を切り取ったもので、「〈10年目の殺人〉は起きた-- なぜ、殺したのか 何を、護るのか 連続“餓死”殺人事件。異様な事件の裏に隠された、切なすぎる真実とは--」とのキャッチコピーが添えられている。容疑者と刑事として対峙する2人の鋭い眼光が印象に残る仕上がりだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ