朝ドラ「エール」福島三羽ガラス、紅白出演でネット歓喜も…「吉原さんと薬師丸さんが足らん」

 NHKが23日、大みそかに放送される第71回NHK紅白歌合戦に、今年の3月から11月まで放送された連続テレビ小説「エール」の出演者が登場し、スペシャルパフォーマンスを披露すると番組HPで発表。この報告にネットが沸き、「これはうれしい」「紅白、テレビにかじりついて見ます」などのコメントが相次いでいる。

 HPによると、当日の出演者は、主人公・古山裕一役の窪田正孝、裕一の幼なじみで作詞家の村野鉄男役を演じた中村蒼、同じく幼なじみで歌手の佐藤久志役を務めた山崎育三郎の“福島三羽ガラス”に加え、彼らに大きな影響を与えた恩師の藤堂清晴を演じた森山直太朗とその妻の昌子を演じた堀内敬子。ちなみに紅組の司会は、裕一の妻、音を演じた二階堂ふみが務める。

 SNSには早くも興奮のコメントがズラリ。「エールの藤堂ご夫妻と三羽ガラスが音ちゃんを元気付けてくださいますね。放送を楽しみにしています!」「大晦日の楽しみができました」「やったー!嬉しい!」「今年の紅白、最大級の目玉ですね!」などのツイートが殺到している。

 また同局の発表を受け、山崎が自身のツイッターを更新。興奮気味に「重大発表です!!!!ついに、ついに、ご報告できます!!わたくし、山崎育三郎 NHK『紅白歌合戦』出演が決まりました。今から震えます。2020年12月31日 19時30分~ 是非是非ご覧下さい。応援して下さる皆さんに心から感謝します」と書き込んだ。

 この投稿に、ファンから「体調に気をつけて万全な状態で本番を迎えてくださいね」「めっちゃめでたい 最高のいっくんからのクリスマスプレゼントです」「今年も最後の最後まで本当にありがとう」「育三郎さん出ないなら、見ないつもりだったけど、テレビにかじりつきます!NHKさん、ありがとうございます!」といったエールや感謝の言葉が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ