21年後期朝ドラは深津絵里、川栄李奈、上白石萌音が主演!豪華布陣にネット「言葉失った」

 2021年度後期に放送される通算105作目のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインに、女優の深津絵里(47)、川栄李奈(25)、上白石萌音(22)の3人が決まったという同局の発表を受け、24日、多くの朝ドラファンがSNS上で喜びの声をあげた。この日、ツイッターでは「カムカムエヴリバディ」「深津絵里」「川栄李奈」「上白石萌音」などのワードがトレンドに入り、同作に期待するネットユーザーたちの声が殺到した。

 同作は、京都・岡山・大阪を舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ3世代の母娘を描く「100年のファミリーストーリー」。1人目のヒロインは、戦争で夫と死別し、娘を置いて米国に渡るしかなかった祖母、安子。2人目はそんな親と英語を憎みつつ、ジャズソングに救われ、自分の人生を切り開いた母、るい。3人目は、時代劇の世界に憧れながら、回り道してラジオの英語講座に自分の居場所を見つける娘、ひなた。世代が違うヒロイントリオがラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢の扉を開く姿を描く。安子役を上白石が務め、るいを深津、ひなたを川栄がそれぞれ演じる。上白石と深津は朝ドラ初出演。川栄は「とと姉ちゃん」(16年)以来の2度目となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ