「呪術廻戦」14巻発売にファン歓喜「泣きそう!」「特典悟だった!」「テンション爆上げ」

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画「呪術廻戦」の最新14巻が4日に発売された。ファンからは「やったああああ。買えたどー」などと歓喜の声が舞い込んでおり、ツイッタートレンドに「呪術14巻」などの関連ワードがランクインするなどSNSを中心に大いに沸いている。

 漫画家の芥見下々(あくたみ・げげ)さんによる同作は、同誌で2018年3月に連載がスタート。辛酸・後悔・恥辱など人の負の感情から生まれる「呪い」をはらう主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)ら呪術高専の“呪術師”たちと、“呪霊”との戦いを描くダークファンタジーだ。

 昨年10月にMBS/TBS系で放送開始されたテレビアニメで人気が加速し、デジタル版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数は同12月6日時点で1500万部を突破。在庫切れの書店も多く、書店関係者は「部数の伸び方で言うと『鬼滅』以上では」と語るなど、社会現象を巻き起こした漫画「鬼滅の刃」に続く話題作として注目を浴びている。

 今回の14巻は、一部書店での購入特典として「年間カレンダー付きアニメ場面写カード」が付いており、虎杖のほか同級生の伏黒恵(ふしぐろ・めぐみ)や呪術高専の教師で“最強の呪術師”こと五条悟(ごじょう・さとる)など、10種類のカードを用意している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ