松坂桃李、映画「モンハン」で日本語発しない異例の吹き替え 「ガチ勢」「殿」「キング」と期待集まる

 俳優、松坂桃李が米映画「モンスターハンター」(3月26日公開)の日本語吹き替え版で声優を務めると14日、サンケイスポーツなどが報じ、ネットでは松坂のファンはもちろん、ゲームファンや、声優ファンからも注目が集まっている。

 日本発の大ヒットゲームのハリウッド実写版で、米女優、ミラ・ジョヴォヴィッチが主演する話題作。松坂は、アジアのアクションスター、トニー・ジャー演じるモンスターの狩猟を生業とするハンター役で、ジョヴォヴィッチ扮する異世界からやって来た主人公・アルテミスとバディーを組み、超巨大モンスターに立ち向かう。松坂が演じるハンター役は、物語の中にだけ存在するオリジナル言語を操るため、日本語のせりふを発しない前代未聞の挑戦となった。自身がモンハンの大ファンという松坂は、公式サイトに「これほどまでにモンハンをやっていてよかったと思ったことはありません。通常のアフレコの時とは違い、自分自身がプレイヤーとしてファンタジーな世界に入り込んだような感覚になりました」とコメントを寄せている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ