NHK朝ドラ「おちょやん」で話題!吉川愛の富山弁にネット「ラムみたい」 杉咲花とは「夜光観覧車」で共演

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「おちょやん」で、女優・吉川愛が見せる演技がネットで話題になっている。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じる。

 吉川が演じるキャラクターは、千代が働くカフェー「キネマ」の同僚、宇野真理。大阪・道頓堀から京都にやってきた千代が住み込みで働くこととなり、そこで同部屋になった女給だ。富山から家出をし、キネマで働きながら女優を目指している。

 ネットでは「吉川愛ちゃんずっとかわいい」「美人さんだね」など、そのキュートなルックスに注目が集まる一方、彼女が話す富山弁もまた大きな話題になっている。

 語尾に「ちゃ」をつけるのが特徴的な方言で、19日に放送された第32話でも、恋愛経験がないことからカップルの役を演じることができず、せっかくもらった役を降ろされてしまった千代に「(恋愛を学ぶには)誰かとぉ、恋人になるがが一番の近道やちゃ」とアドバイス。現在、自身が3人目の恋人と交際中であることを明かし、驚く千代に「べつにそんなにいくそる(驚く)ことでもないちゃ。普通やちゃ」と明るく振る舞った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ