高田みづえさん、全183曲サブスク解禁でネット「喜べオジサン」「私はピアノは高田さんの声で…」

 元歌手で、大相撲・二所ノ関親方(元大関若島津)の妻としても知られる高田みづえさん(60)の楽曲全183曲が、20日から主要定額制(サブスクリプション)音楽配信サービスで解禁された。この話題が多くのメディアによって報じられたことで、同日、昭和世代の邦楽好きがSNSで大喜び。ツイッターなどにさまざまなコメントが集まった。

 1977年、「硝子坂」で歌手デビューした高田さん。抜群の歌唱力で昭和の音楽シーンを盛り上げた。これまで単曲では「真夜中のギター」(81年)以外の51曲がダウンロード配信されていたが、今年、デビューから45年目の節目を迎えることからサブスク解禁が実現。85年の引退までの8年間にリリースされたシングル26枚、オリジナルアルバム10枚、カバー盤1枚、コンサート盤2枚の全183曲が解禁された。

 この対応に多くのファンが歓喜。SNSには「お待ちしてました…!!!」「ようやく配信スタート!」「高田みづえのサブスク解禁嬉しいねえ」「高田みづえ全サブスク化!喜べオジサン」などの書き込みがズラリと並んだ。懐かしい歌声に「早速朝から聞いています」というネットユーザーも少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ