NHK朝ドラ「おちょやん」井川遥演じる自由な高城百合子の逃亡劇にネット総ツッコミ「逃げ癖ありw」「3度目あるなw」

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第34話が21日、放送され、女優・井川遥が演じる鶴亀撮影所の看板スター、高城百合子の言動にネットユーザーがツッコむ一幕があった。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じる。

 百合子は、千代が大阪・道頓堀の芝居小屋で目撃して以来、憧れ続けている大女優。芸術のために自由な人生を突き進み、その美貌と情熱的な芝居で人気を博している。もともとは舞台女優だったが、その後、活動の場を映画(当時は活動写真)に移し、第34話で久々に千代と再会を果たした。

 百合子は「太陽の女・カルメン」の撮影現場に臨んでいたが、妥協を許さない監督と衝突。嫌気がさし、現場を抜け出してしまう。スタッフが必死に百合子を探し回るなか、またもや千代が彼女を匿う。このことで百合子は道頓堀で千代に会ったことを思い出し、自分の言葉を受けて千代が女優になったことを喜んだ。そして、「いつかきっと高城さんみたいな主役もはれるすごい役者になってみせます」という千代に「わかったわ。私に任せない。いい役につけるよう、所長に頼んであげるから」と述べ、バックアップを約束した。そんなことをしたらまた先輩女優たちに妬まれてしまうと尻込みする千代に、百合子は「私が黙らせてあげるから! この世界で生きていく覚悟あるなら、遠慮していてはダメ。使えるものは何でも使いなさい」と喝を入れ、「自分に正直にならない限り、いいお芝居はできなくてよ。私たちは自由なのよ!」と助言した。

 しかし、百合子はその後、相手役の男性俳優と駆け落ち。現場は大混乱となってしまう。それを聞いた千代は百合子の言葉を思い出し、思わず「自由過ぎるわ…」とツッコんでしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ