星野源、ミスチルも…昨年のNHK紅白、5件が事前収録 理解示す視聴者の一方、大晦日をリアタイ共有できず落胆するファンも

 NHKの正籬聡(まさがき・さとる)放送総局長の定例会見が20日、東京・渋谷の同局で行われ、昨年末の紅白歌合戦で5シーンが生歌唱ではなく事前収録だったことが発表された。特別企画の「紅白 ディズニースペシャルSPメドレー」以外は、収録であることを事前に明らかにしていなかった。ツイッターには、感染症対策に理解を示す声がある一方で、大みそかの夜を推しのアーティストとリアルタイムで共有できなかったことに落胆するファンのコメントも寄せられている。

 収録はディズニーメドレーのほか、YOSHIKI、Mr.Children、星野源(歌唱前トークは生放送)、玉置浩二の5シーン。NHKの担当者は「紅白歌合戦は生放送でずっとやってきたが、さまざまな状況の中で収録しなければいけない演出上の都合が出てきている。どこまでが許されて、どこまでが許されないというものではない」と説明している。昨年の紅白は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、放送開始以来初めて無観客で開催した。

 この発表に、ツイッターでは「なんですと?」と驚いたネット民もいたものの、ディズニーメドレーについては事前に知らされていたこともあってか「最後全員歌で集まる映像で居なかったので多分そうかなとは思っていたけどね」「NHKホールに乃木坂全員出演した後に、ディズニーランドで乃木坂メンバーいるディズニーメドレーなので織り込み済だと思っていた」「ディズニーメドレーのはわかった。シンデレラ城の時計写ってたし」「観ててこれは収録だろうなって普通にわかった」などと、想定内だったユーザーが少なくない。中には「え?全部事前収録じゃないの? LIVEって文字外してたよね?」と拡大解釈していた人も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ