NHK朝ドラ「おちょやん」一瞬の出番ながらも破壊力抜群、“キングボンビー”テルヲ襲来にネット騒然「バンブーベロニカにしておけば…」

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第35話が22日、放送され、最後のシーンにトータス松本演じる竹井テルヲが登場。時間にしてわずか数秒、表情は見えず、後ろ姿だけの出番だったが、多くの視聴者がその存在を忘れかけていたこともあってか、久々の登場にネットが荒れる一幕があった。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代役を女優・杉咲花が演じる。

 テルヲは千代の実父。大阪・南河内の貧しい農家で鶏の世話などをして生計を立てていたが、新しい妻、栗子(宮澤エマ)が家に来たことで邪魔になった千代を追い出し、道頓堀へと奉公に出した。さらにその8年後、借金を作って再び千代の前に登場。「また昔みたいに一緒に暮らそう」などと優しい言葉をかけ、千代を喜ばせたが、これが真っ赤な嘘。千代を別の店に身売りして自分の借金を半分に減らしてもらうという魂胆で、それが千代にバレてしまうと今度は逆ギレし、「ええんか、ホンマにそれで!?どないなっても知らんさけな!」と捨てゼリフを吐いた。

 その後、千代が当時働いていた芝居茶屋「岡安」にテルヲの借金取りが現れ、嫌がらせを連発。千代が身売りを断ったことの報復行為が続いた。借金の問題は岡安の女将、岡田シズ(篠原涼子)によって解決したが、千代は、これが発端で道頓堀にいられなくなり、京都へとやってきたのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ