キングコング西野、吉本退社か?「慎重に話し合いを進めています」にファン「キングコングの漫才が観たいから…」

 話題の絵本「えんとつ町のプペル」の原作者で、お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣が27日、自身のツイッターを更新し、所属する吉本興業から、退社する可能性があることを伝えた。

 西野はこの日、ツイッターで「退社する可能性も含めて、吉本興業と慎重に話し合いを進めています」と報告。そのうえで、今後、退社することになった場合は“円満”であること強調し、「くれぐれも『トラブルが原因』とかじゃないっす!」と補足した。

 この投稿を受け、フォロワーからは「マジっすか!!!!!」「いよいよかッ!!」などの声。また、西野のことを思い、「いい方向に、話が、進むよう願ってます」「今しっかり時間をかけて、話をすることが大切だと思いました」と返信するファンも見受けられた。

 一方、最近は芸人の枠を飛び出し、国内最大級のオンラインサロンを運営するなど、マルチな活躍が目立つ西野だが、彼の本業が漫才師であると考えているネットユーザーも多かった。「漫才はもう見れないですか?」といった質問も見られ、相方の梶原雄太の名前に触れながら、「梶原さんは、、???もう漫才観れないんですか??」「またNGKでキングコングの漫才が観たいから、うまく折り合いがつくことを祈ってます」といったつぶやきも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ