ケンコバ、今年くる漫画「呪術廻戦」「怪獣8号」を熱くプレゼン 「推しは東堂かw」「名言」とトレンド入り

 お笑いタレントのケンドーコバヤシが28日放送の日本テレビ系朝の情報番組「スッキリ」(月~金前8・0)に生出演。おすすめの漫画2作品を紹介すると、ツイッターのトレンドでは「ケンコバ」「怪獣8号」などのワードがランクインし、ネット民を沸かせた。

 「今年絶対くる漫画」を紹介する企画に出演したケンコバは、おすすめの作品として「呪術廻戦」と「怪獣8号」の2作品を紹介。芥見下々(あくたみ・げげ)さんによる「呪術廻戦」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で、松本直也さんによる「怪獣8号」は漫画アプリ「少年ジャンプ+」で連載中だ。

 「大ブームの兆し」があると力を込めてプレゼンした「呪術廻戦」は、常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)を主人公に、化け物を祓う呪術師の戦いを描くダークファンタジー。コミックスが完売する書店も続出している話題作だ。

 ケンコバは同作の魅力の一つして、個性豊かなキャラクターが登場することをあげて、なかでも一番好きだというキャラクター、東堂葵を熱く紹介。好みの女性のタイプが東堂と同じであることが好きな理由だとして、このチョイスにツイッターは「ケンコバさんの呪術での推しは東堂かww『性癖にはそいつの全てが反映される』は真理だし名言」「ケンコバが好きなキャラ、やっぱり東堂で『流石です』ってなった」「主要メンバーより(説明に使ったボードで)東堂の枠がデカいだけで全てを察せる…」「ケンコバさんの呪術廻戦での推しが東堂葵なのすんげー分かる 好きそう」などと盛り上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ