朝ドラ「おちょやん」でテルヲ役のトータス松本「あさイチ」に生出演!「悪い人ではない」に華丸大吉「う~ん」

 29日放送のNHK総合の情報番組「あさイチ」にロックバンド「ウルフルズ」のボーカルで、俳優のトータス松本が生出演。現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」で、主人公・竹井千代(杉咲花)の父親、テルヲ役を演じ、ネットなどでテルヲが“朝ドラ史上最低の父親”と言われていることについて「こんなになるとは思わなかったです。ただ一生懸命芝居しているだけやのに…。こんな言われ方すんのや」とコメントし、苦笑いを浮かべた。

 この日の「あさイチ」で、プレミアトークのゲストとして出演したトータス。「おちょやん」で演じるテルヲは、一切働かず、家事はすべて千代任せ。千代が邪魔になり、奉公に出したあとは、バクチで借金を作り、お金に絡んださまざまなトラブルに娘を巻き込んできた。ネットでの評判は最悪だ。

 トータスは最初に台本をもらったときのことを振り返り、当初のテルヲについて「ちょけた親父と感じた」と明かし、「そこまでひどい感じというのはわからなかった」と説明した。しかし、1週目の終盤からその片鱗が見え始め、トータス自身も困惑したという。「どういうテンションで(セリフを)言えばいいのか、それがわからなかったですね。監督と相談しながら、その都度その都度、一生懸命やりきっていく感じで、なかなかテルヲになれなかった」と話した。

 世間の声と同様、「あさイチ」のMCを務める博多華丸・大吉も、そのダメ親父っぷりの演技を「うますぎる!」と指摘。「(トータスに)どこかそういう部分があるのではないかと疑われるぐらいうまい」と“絶賛”した。これについてトータスは、「人はみな、テルヲの部分があると思う」と持論を展開。そのうえで「あえて敵を作る感じになるかもしれないが、テルヲに関して嫌悪感を持つということは、『そういう部分が自分にあるからじゃないの?』と思う。自分のなかで、絶対にああいうふうになっちゃいけない。ああいうふうになりたくないと。それはなぜかというと、自分のなかに、もしかしたらそうなるかもわからんていう、危険性をはらんでいるから」と“弁明”した。「お芝居、そんな勉強してへんけど、うまいとかそんなんわかれへんけど、ただ、全身全霊で自分の嫌な部分と向き合ってみるということをしたまでというか…」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ