NHK「おちょやん」、明日海りおの朝ドラデビューにヅカファン歓喜「最後までカメラ目線だったw」

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」の第41話が1日、放送され、元宝塚歌劇団花組トップスターで女優の明日海りおが本編に初登場した。明日海が連続テレビ小説に出演するのは今作が初めてで、元トップスターの朝ドラデビューに大勢のヅカファンが大興奮。SNSにもさまざまなコメントが集まった。

 喜劇俳優で劇作家でもある2代目渋谷天外さんの妻で、松竹新喜劇の女優だった浪花千栄子さんの半生をモデルに、大正から戦後の激動の時代に女優の道をいちずに歩んだ女性の姿をフィクションとして描く同作。主人公の竹井千代は女優の杉咲花が演じる。

 この日の放送からドラマは第9週「絶対笑かしたる」がスタート。京都の鶴亀撮影所の女優として活躍していた千代だったが、大阪・道頓堀に新しい喜劇一座が作られることになり、鶴亀の社長、大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、女優として、その一座に参加するよう命じられた。第41話で、千代は4年ぶりに道頓堀に戻り、かつて自身がお茶子として働いていた芝居茶屋「岡安」の女将、岡田シズ(篠原涼子)らと再会を果たした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ