麒麟・川島、TBS新番組で初の帯番組MC ネット民「期待出来そう」「なぜ自前アナを使わない?」

 お笑いコンビ、麒麟の川島明(41)が、4月改編により1年半で幕を閉じるTBS系の情報番組「グッとラック!」の後番組として3月29日にスタートするバラエティー「ラヴィット!」(月~金曜前8・0)のMCを務めることが1月31日、発表された。ネット民からはさっそく「期待出来そう」「なぜ自前アナを使わない?」などと、さまざまな反応が寄せられている。

 同番組はワイドショーではなく、各分野の一流プロが教える「お気に入り=Love it(ラヴィット)」を通して、日々の楽しい生活情報を提案するライフスタイルバラエティーだという。

 新たに朝の顔になる川島は、帯番組の司会に初挑戦。自身のトレードマークである“低音ボイス”を意識して、「番組を見てくれる皆さんの一日が楽しくなるよう、声も腰も低く低く頑張らせていただきます!」と意気込みを語った。

 タッグを組むのは田村憲久厚生労働相を父に持ち、同局の次世代エースアナとして期待される田村真子アナウンサー(24)で、「私自身も、この番組を通して日常が今より10倍楽しくなるようなヒントを見つけていけたら」と抱負を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ