SKE48「恋落ちフラグ」特別インタビュー第2回 松井珠理奈×須田亜香里×古畑奈和 3人が「最近、恋に落ちたもの」

 3日に27枚目のシングル「恋落ちフラグ」を発売したSKE48の松井珠理奈、須田亜香里、古畑奈和に対し、産経デジタルの「iza!」が行った鼎談(ていだん)。2回目となる今回は、年内での卒業を発表したエース珠理奈が抜けたあとのグループの方向性などについて、須田と古畑が激白。また、シングルのタイトルにちなみ、3人が最近「恋に落ちたもの」について話を聞いた。

 ――珠理奈さんが卒業したあとのSKE48を、おふたりはどんなグループにしたいと?

 須田「おじゅりちゃん(珠理奈)が(1回目の鼎談で)『常に一生懸命なところ、全力で汗をかくところ、それがカッコいいということ』という、SKE48の“らしさ”みたいなものが、私たちに伝わっていると言ってくれましたが、ここから先、後輩にそれを伝えることに年々苦労しているといいますか、先輩から伝えてもらったことをうまく伝えられないもどかしさを、後輩ができたころからずっと持っていて…。そういったことで、不安になったりすることもあるのですが、それぞれがベストを尽くすことで新しいいいものができるのが、みんなにとってもプラスになると思いますし、そのハートは絶対に受け継いでいってほしいと思います。

 SKE48のガムシャラさとか、一生懸命さ、それをベースに、みんながどう表現していくのか、結果を大事にしたらもっといいものになるんじゃないかなと私も期待していますし、自分もまた進化したいなと思っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ