「ゴジラvsコング」日本公開は5月14日 予告映像の小栗旬の後ろに「メカゴジラらしきもの」との指摘も

 東宝は8日、公式YouTubeチャンネルで米映画「ゴジラvsコング」の日本版予告編を公開、日本公開が5月14日となることも明らかにした。8日朝のツイッターや検索トレンド上位に「ゴジラvsコング」がランクインし、ファンの注目が集まった。

 俳優の小栗旬がハリウッドデビューを果たしたことでも話題になっている同作は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズと2017年の「キングコング:髑髏島の巨神」がクロスオーバーする“モンスター・ヴァース”シリーズの最新作。19年の前作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で怪獣たちとの死闘の末、王〈キング〉として覚醒したゴジラが今回対峙するのは、映画史に君臨する究極のモンスター・コング。キングコングとゴジラの対決が描かれるのは、1962年の「キングコング対ゴジラ」以来となる。小栗が演じる役柄の芹沢蓮が、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズの前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という設定であることも明らかになった。

 公開された予告映像のコメント欄には、「予告からして、面白そう」「破壊神vs守護神 超興奮するワードだね」「戦闘シーンのBGMを聴いたら背中がゾクゾクして鳥肌がたち期待感があふれる」「シン・ゴジラみたいなとんでも化物感も好きだけどこういうのカッコイイ怪獣みたいなのもいい」「日本版予告編はゴジラに寄せててくれて嬉しい」など、ファンが喜びの声を寄せている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ