OWNDAYS「鬼滅の刃」メガネ 煉獄モデル追加で再び注目集める 「実弥と玄弥、天元も」とキャラ追加リクエストも

 メガネ・サングラスの製造販売を手掛けるOWNDAYS株式会社は11日、昨年12月より予約を受け付けている大人気TVアニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクターたちをイメージしたバンダイのメガネコレクションに煉獄杏寿郎モデルを加え、改めてファンの注目が集まっている。

 吾峠呼世晴氏(ごとうげ・こよはる)による漫画が原作の「鬼滅の刃」は、人食い鬼がすむ大正時代の日本を舞台に、家族を殺された主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼と化した妹の禰豆子とともに、家族を殺した鬼を討つため旅立つ物語。2019年4月にテレビアニメ化されると人気が沸騰し、社会現象を巻き起こした。

 「バンダイ 鬼滅の刃 メガネコレクション」は、昨年12月より炭治郎・禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、冨岡義勇、胡蝶しのぶらをイメージした6モデルの予約をOWNDAYSオンラインストアより先行して受け付けているが、2月11日から煉獄杏寿郎モデルが加わった。フレームは、それぞれの羽織りや日輪刀など、各キャラクターのシンボルが細やかにあしらわれた鬼滅ファン心をくすぐるデザイン。各フレームにはオリジナルケースとロゴ付きメガネ拭きをセット。価格は、煉獄モデルのみブルーライトを約18%、紫外線を約99%カットするPCメガネ仕様で22000円、その他のモデルは13500円(いずれ税別)。現在、オンラインストア限定で予約を受け付けており、4月1日から全国のOWNDAYS店頭でも展開する予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ