松本潤主演「99.9」映画化 ファンは「鳥肌たった」「大スクリーンで松潤拝める」「ギャグ祭りにワクワク」と歓喜

 嵐の松本潤(37)が主演するTBS系連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」が映画化されることが17日、公式サイトで発表された。松本は「スクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください」とPR。ファンは「やばっ、朝から鳥肌たった」「大スクリーンで松潤を拝める」「ギャグ祭りにワクワク」「もう嬉しすぎるよね。主題歌が嵐ならもっと嬉しいんだけどね」などと喜びに沸いている。

 2016、18年にTBS系の「日曜劇場」枠で放送された「99.9-」は、起訴された場合、99.9%の確率で有罪になるといわれる刑事事件がテーマ。松本演じる型破りな刑事専門弁護士・深山大翔と香川照之(55)演じる敏腕弁護士・佐田篤弘のタッグが、0.1%の無罪の可能性にかけて事件の真相を追い求めていく姿を描いている。

 17日付のサンケイスポーツによると、平均世帯視聴率は16年4月期の「SEASONI」が17.2%、18年1月期の「II」が同年民放連ドラトップの17.6%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。続編を望む声に応えて初映画化が決まり、今冬に「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(仮)」(木村ひさし監督)が公開される。

 ドラマ版の公式ツイッターでは、16日から映画化発表に向けた“カウントダウン”が始まり、ファンは「なにか発表かな」「活動開始…?」などとソワソワ。17日午前7時に「今度の法廷は、映画館だ!」などと映画化決定が正式発表されると、ネット上は「待ってました!潤くん深山先生に会えるの楽しみです」「今度は映画で深山先生と愉快な仲間たちに会えるなんて」「面白コンビが今度は映画で帰ってくるんですね」「感動で涙が出てきました」などと歓喜のコメントであふれ、ツイッタートレンドでは「映画999」「深山先生」「松本潤」などの関連ワードが上位を占めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ