松たか子、15年ぶりフジ連ドラでバツ3社長熱演 ネット民「クセありキャラ、クセあり脚本のドラマ。今から楽しみ」「間違いなく面白い」と期待

 女優、松たか子(43)が4月スタートのカンテレ・フジテレビ系「大豆田とわ子と三人の元夫」(火曜後9・0)で同局系連続ドラマに15年ぶりに主演することが19日、同ドラマの公式サイトで発表された。3人の元夫に振り回される子持ちの独身社長役に挑戦。ファンは「クセありキャラ、クセあり脚本のドラマ。今から楽しみ」「間違いなく面白い」などと沸き立っている。

 松が演じるのは、初婚で生まれた中学3年生の娘と2人で暮らす建設会社社長のとわ子。明るくお茶目で、どこかとぼけた性格。3人の元夫のトラブルに巻き込まれながらも連帯して幸せを見つけていくという“難役”に挑戦する。

 ドラマは、過去に「東京ラブストーリー」などを手掛け、2017年のTBS系主演作「カルテット」などでタッグを組んだ脚本家、坂元裕二氏(53)の完全オリジナル作品。松のフジ系連ドラ主演は06年の「役者魂!」以来15年ぶりだ。

 3人の元夫役には、役どころ同様に個性的な俳優陣が集結。最初の夫は松田龍平(37)が演じるレストランオーナー兼ギャルソンの田中八作で、女性にモテすぎてトラブルになる役どころ。松とは「カルテット」以来4年ぶりのドラマ共演となる。

 2番目の夫は、お笑いトリオ、東京03の角田晃広(47)が演じる器の小さいファッションカメラマン・佐藤鹿太郎。3番目の夫は、岡田将生(31)が偏屈なエリート弁護士・中村慎森(しんしん)を演じる。

 松はドラマの公式サイトで、とわ子の役柄と同様に「(元夫)3人それぞれに個性があって、チャーミングなので、『あ、3回結婚してもいいかな』って思いました(笑)。ダメさ加減も三者三様で、きっと魅力も三者三様で。幸せなありがたい役です」とお茶目に語っている。

 ネット上でも早くも話題となっており、「松たか子」「松田龍平」「カルテット」「坂元さん」などのワードがツイッタートレンドをジャック。ネット民は「松たか子さんの出るドラマは安定感がある」「素晴らしい内容間違いない」などとボルテージが上がっている。

 4人の役者が織りなすドタバタ劇への期待は高く、「松たか子さん主演が話題になると思うが、三人の元夫に興味があります。三人三様の個性の違う元夫との絡みが楽しみ」「松さん始め、主要キャストもいい顔触れだし今から楽しみ!」といったコメントも続々。とくに「カルテット」のファンは、「松たか子さんと松田龍平さんが元夫婦役というキャスティング!そして坂元さんの脚本。カルテットが今でも大好きな者としては、またお二人の会話劇が観られるかもと思うと嬉しいです」「坂元さんの脚本で松さん・松田さんの共演なだけで『カルテット』好きとしては観ますが、岡田さんも角田さんも魅力的ですし、期待感しかありません。ああ楽しみ!」「松さんは坂元脚本とすごく相性いいと思いました」「最強タッグすぎる」と胸を躍らせている。

 ほかにも「岡田将生の出ている作品は結構見ている。『(昭和元禄)落語心中』の演技とか素晴らしかった。楽しみです」「岡田将生さん、イケメンで彼の演技にも興味があり、注目しています」との声援や、最近はお笑いでの活躍だけでなく、ドラマ「半沢直樹」でのシリアスな演技が記憶に新しい角田にも「出世ぶりが凄いね」「角田さんは役者としての人気も上がってますね。個人的には東京03として注目された方がうれしいけど、3人とも役者としての実力も素晴らしいからなー」「キャストの中に角ちゃんいて二度見しちゃった。このメンバーに肩並べるのは普通に凄い!」などと驚きのコメントも多数寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ