SKE48竹内彩姫のスタッフ転身をファンも後押し「らしい決断」「メンバー心強い」

 AKB48の姉妹グループの1つ、SKS48の竹内彩姫(21)が5月31日をもってグループを卒業し、6月1日付けでSKE48の所属事務所「ゼスト」に入社するという発表を受け、SNSにファンからさまざまな声が寄せられている。

 “さきぽん”の愛称で親しまれ、2012年11月に6期生としてグループに加入した竹内。16年に発売された「金の愛、銀の愛」でシングル表題曲の選抜に選ばれて以降、選抜入りを続け、人気メンバーとして活躍してきた。

 25日、名古屋市のSKE48劇場で行われた公演に立った竹内は、終演後のステージで5月末での卒業とゼスト入社を自分の口で発表。あと1年でお披露目から10年という節目を迎えるなか、「10年は裏から支える立場としてこれからもSKE48のために私は頑張るので、そんなにさみしくならない卒業になると思います。最後まで応援よろしくお願いします」と述べ、晴れやかな笑顔を見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ