「麒麟がくる」帰蝶役でブレーク、川口春奈の次回作にネットも期待「満を持しての主役」「リベンジだ」

 2020年から21年にかけて放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶役を演じ注目を集めた女優、川口春奈の次回作「着飾る恋には理由があって」(TBS系、4月スタート、火曜22時枠)に、多くのネットユーザーが熱い視線を送っている。大河では、代役というまたとない貴重なチャンスを生かし、新境地を見せた川口。最新作では売れっ子俳優、横浜流星と共演する。SNSには「大河の次はラブコメか」「リベンジ来た」などのコメントが寄せられ、ファンたちが早くも盛り上がっている。

 「着飾る恋には理由があって」は、「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、20年)などを手掛けた金子ありささんが脚本を担当した完全オリジナルのドラマ。きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とシェアハウスのひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めるなかで、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリーだ。川口は主人公の“着飾る女”真柴くるみを演じ、くるみとひとつ屋根の下で暮らすことになる“ミニマリスト男”、藤野駿役を横浜が務める。

 「麒麟がくる」では、天下人・織田信長(染谷将太)を“プロデュース”する妻を熱演し、その演技が多方面で絶賛された川口。番組終了後、ネットでは「帰蝶ロス」なる言葉も生まれ、多くの視聴者がその終了を惜しんだ。

 この一報に、帰蝶ロスに陥っていた人たちをはじめ、多くの川口ファンが歓喜。ツイッターには「川口春奈ちゃん見たとたん『帰蝶様!』ってなったオタクです」「帰蝶Pロスのみんなに朗報来たねえ」「帰蝶さま、大河ドラマの次作はラブコメか!頑張ってー!」「大河で株が上がり、満を持しての主役だね」など、歓喜のコメントがズラリと並んだ。次回作に向け「大河の帰蝶さまが素晴らしかったので期待大でございます」「大河で成長した姿を今度は連ドラで観たいところだ」と期待を寄せるファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ