「音楽の日」YEN TOWN BAND出演にネット民沸く 北川悦吏子さんは見逃して悔しがる

 11日夜、TBS系で放送された音楽番組「音楽の日」にロックバンド、YEN TOWN BANDが出演し、1996年公開の映画「スワロウテイル」の主題歌「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」を披露。ツイッターやヤフー検索のトレンド上位に、関連ワードが複数ランクインし盛り上がりを見せた。

 同番組は2011年に発生した東日本大震災に際し、「一つになって歌の力でニッポンを元気づける」とのコンセプトのもとに同年から毎年生放送されている音楽番組。昨年までは主に夏に放送されていたが、震災から10年を迎えた今年は地震が発生した3月11日の放送となった。

 同曲は劇中で歌手のCharaが演じた主人公グリコがボーカリストをつとめる架空のバンド、YEN TOWN BANDの楽曲。同バンド名義で実際にアルバムとシングルがリリースされた。同番組には、Chara(ボーカル)、小林武史(キーボード)、名越由貴夫(ギター)のオリジナルメンバーに、金子ノブアキ(ドラム)とキタダマキ(ベース)を加えた編成で出演。18年に閉校となった宮城県石巻市の旧荻浜小学校の屋上で、夕日の映える海を背景に演奏を披露した。

 ツイッターや、ヤフーの検索トレンド上位には「YEN TOWN BAND」「あいのうた」「Chara」「スワロウテイル」など複数の関連ワードが同時にランクインし、楽曲や映画に思い入れのあるネット民の間で盛り上がった。

 25年前の曲ということもあってか、ツイッターでは「ありがとう。美しすぎた。自分の過去もよみがえる歌なんだけど、すべての願いが叶うような映像でした。本当に見れて感動」「この曲が出た時私は高校生で、、今は結婚して子どももいて。それなのに全く色褪せない名曲」など、青春時代の思い出とともに振り返る中年層のコメントが多く見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ