「ユニクロ」CMで流れる桑田佳祐の名曲に昭和世代歓喜「全然色褪せない」「センスに脱帽」

 女優の綾瀬はるかが出演しているファッションブランド「ユニクロ」のCMで、BGMとして流れるシンガー・ソングライターの桑田佳祐の楽曲がネットで話題になっている。2人のコラボレーションも好評で、ツイッターには、「センスある」「鳥肌が立った」などのコメントが相次いでいる。

 同社の「LifeWearスペシャルアンバサダー」に就任した綾瀬。CMは15日現在、第3弾となる「ブラトップ走るクルマ篇」が放送中だ。BGMにはすべて桑田の楽曲が使用されており、第1弾の「Mジーンズ買い物篇」では、2017年にリリースされたアルバム「がらくた」に収録された「若い広場」が流れ、第2弾の「きれリラ雨やどり篇」では、1988年発売のシングル「いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)」とコラボした。現在は桑田ソロシングル第1弾となった「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」(88年)が流れており、この選曲に往年のサザンオールスターズ&桑田ファンが歓喜している。

 特に「いつか何処かで」と「悲しい気持ちは」は今から30年以上も前の楽曲で、多くのファンが「最近ユニクロのCMで桑田佳祐の『悲しい気持ち』と『いつか何処かで』が流れて嬉しいオッサンです」「先週いつか何処かでが流れて一瞬で学生時代に戻されて、今度は♪Just a man in love~って」「『悲しい気持ち』が良すぎて懐かしくて泣きそう」「UNIQLOのCMの曲が桑田佳祐の悲しい気持ちで鳥肌立った」「ユニクロのCMのBGM、桑田佳祐の曲が刺さりまくる」などと大喜び。昭和に作られた楽曲を「30年位前の曲なのに全然色褪せない。またじっくり聴きたい」「メロディは古さを感じさせるどころか『令和の新曲です(ドヤァ)』と言ってもいいくらい瑞々しい」と絶賛するコメントもあった。なかには「サザンの新曲かなぁ、なんて思って調べたら、桑田さんの30年前のソロデビュー曲!?」と勘違いしたネットユーザーもおり、「お母さんが懐かしいって言うから聴いてみた、これ好き!イイ!」とつぶやく若い世代もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ