神木隆之介、独立伝える直筆手紙が「温かい人」「思わず保存」と話題 佐藤健、ワンオクも退所

 大手芸能事務所のアミューズは16日、ロックバンドのONE OK ROCK、俳優の佐藤健、神木隆之介が3月いっぱいで退所し、4月1日から独立して活動すると発表した。同事務所の看板タレントの独立はネットの話題をさらったが、神木のツイッターでの投稿も注目を集めた。

 同事務所は公式サイトで、ONE OK ROCKについて「海外での活動に重心をかけ、その動きを加速させていく為に、ONE OK ROCK自身の事務所を構え、より大きなステージに挑んで参ります」と説明。佐藤と神木については「弊社も資本に参加する新会社において、俳優としての活動は勿論、新たなチャレンジをしながら、更なる飛躍を目指して活動して参ります」とした。

 神木も同日、ツイッターを更新し、1枚の“手紙”を投稿した。直筆によるファンへのメッセージでは「この手紙を読んでくださってる大切な皆さまへ」と切り出し、「この度、新しい場所で挑戦していくことになりました」と報告。同事務所への感謝を記しながら「小学生の時から導いてくださってきた信頼している人 そして信頼できる仲間達と共にこれから、そしてこれまでを大事に大切にしながら、みなさんがもっと楽しいなと思っていただけるような挑戦をしていきたいな、と思っています」と意気込み十分で、独立後も「僕とみなさんの関係は全く変わりません!安心してください!」と伝えた。

 このツイートのリプ欄には「アミューズを巣立って新しい場所で頑張られる神木隆之介さんを、これからも変わらず応援します!頑張ってください!」「びっくりはしちゃったけど新しい場所での新たなスタート!いずれにせよずっと応援することには変わりありません」などの返信が殺到。「とても驚きました。でも健くんと一緒と聞いて安心しています」「健さんとともに新たなステージに向けてがんばってください」「佐藤健くんも一緒なのはとても心強いですね」などと、佐藤とともに新たな一歩を踏み出す神木を応援するメッセージも届いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ