米津玄師新曲「Pale Blue」、北川景子主演ドラマ「リコカツ」主題歌に 初回放送での解禁に視聴者やきもき

 シンガー・ソングライター、米津玄師が、女優の北川景子主演で4月にスタートするTBS系ドラマ「リコカツ」(金曜10・0)の主題歌を手がけると25日、サンケイスポーツなどが報じた。ネットでは映像との相乗効果でドラマを盛り上げる楽曲のリリースに期待が高まっている。

 同作のために書き下ろしたラブソングの新曲「Pale Blue」で、ドラマ主題歌としては、石原さとみ主演の「アンナチュラル」をはじめいずれも同局の連ドラを彩り大ヒットした「Lemon」「馬と鹿」「感電」に次ぐ4作目。

 「リコカツ」は、北川演じる編集者・水口咲と航空自衛隊員・緒原紘一(演・永山瑛太)が運命的な出会いでスピード婚するも、そりが合わず、水面下で離婚に向けた活動を進める物語。米津がラブストーリーのドラマに楽曲提供するのは初めてで、注目の主題歌は初回放送で解禁される。

 ドラマにぴったりなメロディーを紡いだ米津は、「離婚から始まる恋というコンセプトの中で、久しぶりにラブソングを作りました。どういうふうに響いていくのか、今からドラマの放送が楽しみです」とコメントを寄せている。

 ツイッターやネットニュースのコメント欄には、「え、リコカツ米津玄師さんなの?!嬉しい」「大好きな北川景子ちゃんのドラマに、愛してやまない米津さんの主題歌とは!」「どうしても米津さんの名前が覚えられない小学生の息子も『コメのゲンの新しい歌キター!!』と喜んでおります」「米津の主題歌に外れなし」など、ファンからの歓喜と期待の声が集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ