トラウマ級の恐怖!? Eテレ「怖い絵本」続編にネットも興奮 松本穂香「放送が楽しみ」

 26日午後9時半からNHK Eテレで放送される「怖い絵本 season2」がネットで注目を集めている。

 第一線で活躍する人気作家が、才気あふれる画家やイラストレーターとタッグを組み、身近に潜む恐ろしい話や不思議な話をテーマにした絵本が最近人気になっている。番組は、ホラー仕立てのドラマを入り口に、これらの絵本を注目の若手女優が朗読しながら視聴者を恐怖の世界へと誘うという内容で、昨年11月に第1弾が放送された。放送中からそのタイトルと内容がSNSで話題となり、ツイッターでトレンド入りするなど、ネットユーザーたちの間で大きな話題になった。10分の作品が3本放送されるオムニバス形式で、前回は女優ののん、アーティストのコムアイ(水曜日のカンパネラ)、女優の趣里が出演&朗読した。

 season2で放送されるのは、「悪い本」(出演・朗読:桜田ひより)、「はこ」(出演・朗読:中島セナ)、「ことりぞ」(出演・朗読:松本穂香)の3本。SNSには「これはみたい」「や~ん、楽しみ」「今週の金曜日が楽しみだわ」「予約完了です」などの声がズラリ。前作を視聴したというネットユーザーからも「前回のも本気で怖かった」「前回すごくよかったので楽しみです♪怖い絵本…大好物です」「前回は結構ぞわぞわしてよかった。期待」「だぁいすきだけどみんなのトラウマになるぞ~」といったコメントが届いている。

 桜田は収録を「絵本のページをめくる度にゾクゾクしたのを今でも覚えています」と振り返り、オンエアを前に「素敵な撮影環境に包まれて『悪い本』の世界にどっぷりと浸かっています。私も放送を楽しみにしています」というコメントを寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ