“スネ夫声優”関智一がテレ朝ドラマ「桜の塔」出演 ネット民は「幅広い演技が出来る役者」「俳優として見るの初めて」と期待

 人気アニメ「ドラえもん」のスネ夫や「鬼滅の刃」の不死川実弥、「呪術廻戦」のパンダの声などで知られる声優、関智一(48)が、4月15日放送スタートのテレビ朝日系ドラマ「桜の塔」(木曜後9・00)に出演することが29日、同作の公式サイトで発表された。ネット民は「幅広い演技が出来る役者」「俳優としての関さんを見るのは初めてだ」などと大きな期待を寄せている。

 俳優、玉木宏が主役のエリート警察官を演じる「桜の塔」は、警視庁の頂点である警視総監の座をめぐるパワーゲームを中心に“野望と正義”が入り乱れる究極の人間ドラマを描いた同局の完全オリジナルドラマ。主演の玉木のほか広末涼子、岡田健史、仲里依紗、吉田鋼太郎、椎名桔平、高岡早紀ら豪華な実力派キャストが集結している。

 人気声優の関が演じるのは、警視庁刑事部捜査一課のトップである捜査一課長。出演オファーに「ドッキリかと思いました(笑)」と当時の心境を公式サイトに語り、「実際の捜査一課長の就任会見もたくさん見たりして(笑)、いろいろ調べました」と役作りに励んでいる様子。

 世間には人気声優として広く知られているが、ネット民のコメントには「関さんの場合、舞台役者としても数えきれないほどの場数を踏みまくっているいわばベテラン俳優ですから、個人的に驚きはありません」とあるように、自身が主宰する劇団「ヘロヘロQカムパニー」で20年以上にわたり、舞台俳優としても活動中。特撮作品などにも出演しており、「元々舞台役者でもありますし、声優は俳優の派生。どんどん活躍していって欲しいです」「コメディからシリアスまで幅広い演技が出来る役者さんですよね」とのエールや、「俳優としての関さんを見るのは初めてだ。嬉しいな。声の演技と全身を使う演技とはまた違うと聞くけど、関さんなら難なくやってのける期待感しかない!楽しみー!」とドラマを心待ちにするファンも多い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ