津田健次郎、新事務所移籍にファンも“エール”「春から心機一転ですね」 

 声優で俳優の津田健次郎が2日、自身のツイッターを更新し、所属事務所を移籍したことを報告した。

 津田はこの日、ツイッターで「私、津田健次郎は事務所を移籍致しました」と切り出し、所属先が、アミュレートからANDSTIR(アンドステア)へ替わったことを報告。そのうえで「長年お世話になりました皆様本当に有難うございました」と関係者に感謝の言葉を述べ、「立ち止まること無く、更なる精進、様々なチャレンジをしていきたいと思っております。これからもどうぞ宜しくお願い致します」と意気込んだ。

 アンドステアは元宝塚歌劇団星組の男役スター、七海ひろきが所属する芸能事務所。新たな公式HPも立ち上がったが、アクセスが殺到し、しばらく閲覧しにくい状況が続いた。津田はツイッターで「新公式ホームページが繋がりにくくなってるみたいです~。すみません」と謝罪。そのうえで「あ、でも新しいボイスサンプルなんかもあるんで落ち着いたら是非見て下さいな」とPRした。今後は声優や俳優を中心に仕事の幅を広げていくと思われる。

 当該ツイートは投稿から1時間で「いいね」が1.8万もつく盛況ぶり。「更なるご活躍をお祈りしております」「春から心機一転ですね」「(今年で)50歳の節目の年に新たな旅立ちですね!」「新しい宣材写真すごく素敵です」などのリプライも寄せられた。

 声優としてだけだなく、俳優としても絶大な人気を誇る津田。昨年放送されたNHK連続テレビ小説「エール」ではその渋い声でナレーションを務めたほか、ヤクザ役で本編に出演するなど、大きな話題になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ