おきて破り!? 大河ドラマはなぜ明智光秀を選んだか 本郷和人・東大教授が読み解く人選の理由

前の写真へ
次の写真へ
明智光秀を題材にした大河ドラマの決定を喜ぶ滋賀県の三日月大造知事ら=滋賀県庁(川瀬充久撮影)

明智光秀を題材にした大河ドラマの決定を喜ぶ滋賀県の三日月大造知事ら=滋賀県庁(川瀬充久撮影)

 戦国武将の明智光秀が主人公に決まった平成32(2020)年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」。主君の織田信長を本能寺の変で討った“謀反人”というイメージが強い光秀を主役に据えた意外性が歴史ファンの間で話題になっているが、専門家はどう見るのか。本紙連載「本郷和人の日本史ナナメ読み」でおなじみ、本郷和人・東大史料編纂所教授に意見を聞いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ