脚本家の橋本忍さんが死去 映画「羅生門」や「砂の器」など

前の写真へ
死去した橋本忍さん

死去した橋本忍さん

 映画「羅生門」や「砂の器」などの名作を手がけた戦後の日本映画界を代表する脚本家の橋本忍(はしもと・しのぶ)氏が19日午前9時26分、肺炎のため東京都内の自宅で死去した。100歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は脚本家の長女、綾(あや)さん。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ