なつ、テレビアニメの世界に飛び込む 「なつぞら」第17週見どころ

なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。(C)NHK

なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。(C)NHK

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦争孤児の主人公・奥原なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第16週では、柴田家の長女・夕見子(福地桃子)が北海道から上京。大学を辞め、ともにやってきた恋人の高山昭治(須藤蓮)と一緒に新生活を始めるというのだった。あまりに身勝手な結婚観を話す夕見子は、なつらの意見に耳を傾けようとしない。数日後、夕見子を説得するため、十勝から祖父・泰樹(草刈正雄)がやって来た。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ