吉本社長、進退は「全力で変えていくことがやらなきゃいけないこと」

前の写真へ
会見中、涙をぬぐう吉本興業の岡本昭彦社長=東京・新宿区(撮影・尾崎修二)

会見中、涙をぬぐう吉本興業の岡本昭彦社長=東京・新宿区(撮影・尾崎修二)

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、闇営業問題で同社から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、東京都内で会見を開いた。自身と大崎洋会長について、1年間50%の減俸とすることを明らかにした。「取締役の方々と相談した」と説明。進退については「このことをしっかりやりきる。全力で変えていくことがやらなきゃいけないこと」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ