槇原敬之容疑者、覚醒剤で99年に続き2度目の逮捕…損害賠償は億単位に

前の写真へ
2016年10月のプロ野球クライマックスシリーズの試合前セレモニーでは国歌独唱して盛り上げた

2016年10月のプロ野球クライマックスシリーズの試合前セレモニーでは国歌独唱して盛り上げた

 シンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。逮捕容疑は一昨年に東京・港区の一室で覚醒剤や危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していた疑い。同課は認否を明かしていない。槇原容疑者は1999年に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、有罪判決を受けている。デビュー30周年の活動に尽力する最中での2度目の逮捕。芸能界に衝撃が走った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ