禁断の猛毒フグ肝の魔力…会員制高級店に捜査のメス 「常連客だけ」語り継がれた“都市伝説”

【衝撃事件の核心】

 猛毒を含む可能性があるフグの肝を提供していた大阪の高級店が捜査のターゲットとなった。大阪府警は3月、食用が原則禁止されているフグの肝を客に出したとして、食品衛生法違反容疑で会員制の高級フグ料理専門店「大阪とらふぐの会」を家宅捜索した。昔から珍味とされ、隠れて提供する店が後を絶たなかったとされるフグの肝。同会には多くの著名人も訪れ、「常連客になればフグの肝が食べられる」といううわさが半ば“都市伝説”のように語り継がれていたという。最悪なら死に至るほどの危険を冒してまで食べたいと思わせる禁断の食材の“魔力”とは-。

コース料理の中で提供

 約8年前に開業した大阪とらふぐの会は会員制で、基本的には会員の紹介がなければ入店できない仕組みだ。事前に予約し、店の前でインターホン越しに名前を告げるという厳重な管理方法だった。こうした演出も人気に一役買っていたようで、目立った行動を控えたい多くの芸能人やスポーツ選手なども行きつけにしていた。

 そんな人気店が大阪府警の家宅捜索を受けたのは3月28日。本店(大阪市天王寺区寺田町)▽プレミアム(同市北区同心)▽はなれ(同市東住吉区駒川)▽佐一郎屋敷(八尾市相生町)-の計4カ所が捜索対象となった。1月中旬、はなれで男性客にフグの肝を提供したという容疑だった。

 府警の調べによると、同会は「アブラ」の名称でコース料理の途中にフグの肝を出していたほか、刺し身に付ける「肝しょうゆ」などとして使用していた疑いが持たれているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ