【衝撃事件の核心】あの世界的デザイナーの甥も…「特殊詐欺リクルーター」の“スカウト活動”実態とは

 逮捕しても、逮捕しても、なぜ特殊詐欺グループは雨後の竹の子のように現れ続けるのか。その答えのひとつが詐欺犯を勧誘する「リクルーター」の存在だ。4~5月にはデザイナーの山本寛斎さんのおいがグループの一員として詐欺容疑で逮捕されたが、グループに誘い入れたとされるのはリクルーターだった。パチンコ店内から刑務所の前まで、カネに困った人を次々と特殊詐欺グループに招き入れる“スカウト活動”の実態とは。

■パチンコ店で「仕事あるぞ」 声をかけてきた謎の男

 「仕事あるぞ」

 2年ほど前、東京都内のパチンコ店で、特殊詐欺のリクルーターとされる謎の男が突然、客の男に連絡先を伝えた。

 客の男はファッションデザイナーの山本寛斎さんのおい、岸田健容疑者(53)=詐欺容疑で逮捕。「Cat’s eye」「悲しみが止まらない」などの曲で一世を風靡した歌手、杏里の元夫でもある。アパレル会社の社長として芸能・ファッション界に出入りしたが、離婚後は22年前に女優の名前を勝手に使い、詐欺容疑で逮捕。いつしか、カプセルホテルやネットカフェを泊まり歩く「住所不定、無職」の男になっていた。

 当初は「興味がない」とリクルーターの誘いを断ったが、2年後、意を決したように男に連絡を取った。紹介されたのは特殊詐欺の被害者から現金を受け取る「受け子」の“仕事”。仕事を初めて数カ月が過ぎた今年4月、特殊詐欺に加担したとして詐欺容疑で逮捕された。

 岸田容疑者は警視庁町田署の調べに「生活するためにお金が欲しくてやった」と供述しているという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧