韓国のトンデモ被害者史観 盗んだ仏像なのに「日本が略奪」…対馬の寺から憤怒の声

【衝撃事件の核心】

 日本との歴史問題が絡むと、この国の“鉄面皮”はとどまるところを知らないようだ。「まともに相手にするのもむなしいが、粛々と正しいことを訴え続けるしかない」。平成24年、韓国人窃盗団に仏像を盗まれた観音寺(長崎県対馬市)の前住職、田中節孝氏(69)は怒りを抑えつつ語った。今年5月、仏像の引き渡しを求めて訪韓。仏像の所有権を主張する浮石寺に足を運んで関係者と面会したが、相手は日本の海賊「倭寇」に略奪されたものだ-と証拠上明白でない倭寇を持ち出し、返す姿勢をみじんも見せなかったという。文化財の返還問題は世界各地で起きており、民族感情も絡み、極めてデリケートな問題だ。ただ、今回の仏像に関しては、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の条約で盗難文化財は返還しなければならないことが定められている。韓国側の横暴は明白なのだ。

 ■返還差し止め仮処分

 平成24年10月、対馬市の寺社で盗まれた仏像2体が、韓国に持ち込まれていることが発覚したのは25年1月。韓国・大田地方警察庁が韓国人窃盗団の首謀者の男を立件、仏像を回収したと発表した。

 当然、日本側は返還を求め、2体のうち海神神社の国指定重要文化財「銅造如来立像」は27年に返還された。しかし、観音寺の長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(ざぞう)」はいまだに戻っていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧